Joruri CMS 1.1.2 をリリースしました。

2010年12月27日

Joruri CMS 1.1.2 をリリースしました。

次の対応を行いました。
1.1.2
  * メールマガジン配信機能を実装
  * サンプルデータを追加/メールマガジン
  * 送信メールの文字エンコーディングをISO-2022-JPに変更
  * 不具合修正/スクリプト実行

 

■機能の紹介

メールマガジン配信機能の紹介

テキスト形式のメールマガジン記事作成配信、申込者の管理、確認用のテスト配信ができます。 (文字エンコーディング:ISO-2022-JP)
配信の申し込みは、公開画面の登録フォームから行います。
配信解除は、公開画面の解除フォームから解除申請し、送られてきたメールに記載されているURLにアクセスすると解除完了となります。
※解除用URLへのアクセスは、解除申請をしてから24時間以内のみ有効です。

メールマガジンの登録はこちらの「ジョールリ市メールマガジン登録はこちら」で確認できます。

 

■仕様変更

・サンプルデータ登録コマンドの変更

  これまでのジョールリ市サンプルデータの登録に加え、
  CMSを利用するための最小データのみを登録できるようになりました。

  最小データの登録(機能変更)
  $ rake db:seed RAILS_ENV=development

  サンプルデータの登録(機能追加)
  $ rake db:seed:demo RAILS_ENV=development

・プレビュー画面の表示には、ログインを必要とするよう変更しました。


・承認依頼メールなどのメール送信において
  文字エンコーディングをUTF-8からISO-2022-JPに変更しました。
  (vendor/plugins/actionmailer_jaを使用)

■不具合修正

・記事公開処理などのスクリプトが、
  Webからのアクセスで実行されてしまう不具合を修正しました。



オンラインデモで提供しているバージョンは、 1.1.2 です。

ダウンロードはこちら