「徳島県総合地図提供システム」の一般公開について

2013年11月5日

徳島県では、県民に提供している各種の地図情報のワンストップサービスの実現と地図情報の高度利用などを図るためインターネットを利用した統合型のウェブGISシステムとして「徳島県総合地図提供システム」の開発を進めておりましたが、このたび、県民公開側のシステムについて一定の開発ができたことから、県民の自助・共助意識の向上につながる「防災・減災マップ」などの地図情報を先行して公開することとしました。

 

徳島県総合地図提供システム(総合地図ポータル)

http://maps.pref.tokushima.jp/

徳島県総合地図提供システム

 

先行して公開する地図情報

  1. 防災・減災マップ(津波浸水想定、標高調査マップ、震度分布図、液状化危険度分布図など)
  2. 洪水浸水想定区域図(河川の浸水想定区域図)
  3. 都市計画マップ(用途地域、都市計画道路など)
  4. 学校位置情報(小学校、中学校、高等学校など)
  5. ユニバーサルデザインマップ

※上記、地図情報はいずれも既に県ホームページ上で公開されているものを総合地図提供システムへシステム移行、又は掲載し直したものです。

 

本システムの特徴

  1. 地図の「重ね合わせ機能」により地図情報の分かりやすい利用が可能
  2. スマートフォン・タブレット端末から手軽に利用が可能
  3. 掲載した施設情報等について、オープンデータとして位置情報付きデータをダウンロードして利用が可能(本年11月末に公開予定)

 

徳島県からの公式発表:「徳島県総合地図提供システム」の一般公開について

 

「統合地図提供システム」は、「Joruri Maps」として、平成26年5月末までにオープンソース公開を予定しています。