徳島県で運用されているJoruriGw 災害対応モードのご紹介

2011年9月26日

徳島県では、台風等により警報発令が行われ、災害対策本部等が設置された場合に、Joruri Gwのポータルを「災害対応モード」へ切り替えることで、災害対応に必要な情報伝達を支援するとともに、ポータルの画面を簡素化することにより高負荷に耐える運用を開始しています。
今回、Joruri Gwの簡易にできるカスタマイズ例として、ご紹介します。

 

災害対応モードとは?

災害対応モードとは、ポータルを通常レイアウトから災害対応に適したレイアウトへ切り替えたポータル画面のことです。
徳島県では、災害対応時に使用する災害対応用掲示板や、災害対応用のリンクをポータルに出現させ、画面を警戒色である赤系へデザイン変更しています。
また、通常ポータルにある個人スケジュールや一部リンク、バナーを非表示とすることで画面の読み込みスピードを優先した運用を行っています。

カスタマイズ次第では、警報発令等の一定のしきい値を超えると自動で災害対応モードに切り替える等の運用も考えられます。

 

災害対応モードの画面紹介

 

ポータル画面(防災モード)

 

(1)全庁アナウンスを災害対応向けのカラーに変更。

(2)災害時用リンクピースの表示。

(3)記事更新情報だった位置に全庁掲示板を5件表示。

(4)全庁掲示板だった位置に災害対応用掲示板を15件表示し、初期表示時に見えるように配慮。

など、災害時の運用に適した表示に即座に変更する事ができます。

※通常時表示されているリンクピースや、バナー広告については非表示となります。

 

災害対応モードに変更する手順

あらかじめ、管理画面から災害対応用レイアウトを登録しておく。

防災用レイアウトに登録

 

ポータルリンクピースの「モード」項目で「いつも」「通常時」「災害時」を設定しておく。

ポータルリンクピースの「モード」項目

 

上記の設定を行うことにより、管理者ツールからボタンひとつでモードが切り替える事が出来ます。

防災モード切り替え