Joruri CMS 2017 Release 1 をリリースしました。

2017年8月10日

リリース内容

主な機能追加、変更点

* リンクチェック機能を変更

* プレビュー表示にスマホを追加

* 複数台のサーバーにファイル転送する設定を追加

* 携帯サイト使用の有無設定を追加

* 記事設定の項目を追加

* ディレクトリに公開URLを追加

* フォーム毎に通知先メールアドレス設定を追加

* ページ書き出し処理の高速化

* ソースコードのリファクタリング

* 不具合修正

* サンプルサイトのデータを更新

Release 0 からのバージョンアップ方法について

アプリケーションルートディレクトリに移動
$ cd /var/www/joruri

ソースを更新
$ git pull

application.ymlとrsync.ymlをコピー
$ mkdir config.bk
$ cp -ri config/*.yml config.bk
$ cp config/original/application.yml config/application.yml
$ cp config/original/rsync.yml config/rsync.yml

辞書ファイルを新しいファイルにコピー
$ find sites/*/config/mecab/ -name zomeki.dic -exec bash -c "cp -p {} \`echo {} | sed -e 's/zomeki/cms/'\`" \;
$ sed -i -e 's/zomeki.dic/cms.dic/g' sites/*/config/mecab/mecabrc

ライブラリを更新
$ bundle install

DBを更新
$ bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=production

cronを更新
$ bundle exec whenever --update-crontab

CSS, jsファイル等をコピー(public/_common ->  site/000*/public/_common)
$ bundle exec rake joruri:maintenance:common_dir:copy RAILS_ENV=production

assetsコンパイルを実行
$ bundle exec rake assets:precompile RAILS_ENV=production

delayed_jobを再起動
$ bundle exec rake delayed_job:restart RAILS_ENV=production

unicornプロセスを再起動
$ bundle exec rake unicorn:restart RAILS_ENV=production

古い辞書ファイルを削除
$ rm sites/*/config/mecab/zomeki.dic

リンクテーブルのデータ更新
$ bundle exec rake joruri:cms:links:rebuild RAILS_ENV=production

再構築を実行
$ bundle exec rake joruri:sys:publishers:rebuild RAILS_ENV=production

nginx設定ファイルをコピー
$ cp -ri config/nginx config/nginx.bk
$ cp config/nginx/samples/nginx.conf config/nginx/nginx.conf
$ cp config/nginx/samples/rewrite.conf config/nginx/rewrite.conf
$ cp config/nginx/samples/servers_common.conf config/nginx/servers_common.conf

サイト毎のnginx設定ファイルを再書き出し
$ RAILS_ENV=production ./bin/rails generate cms:nginx:site_config --force

nginxを再起動
$ su -
# systemctl reload nginx

ログローテート設定ファイルをコピー
# cp /var/www/joruri/config/samples/logrotate /etc/logrotate.d/joruri_logrotate