Joruri CMS 2.1.0 ベータ版をリリースしました。

2014年12月22日

リリース内容

動作環境を更新

Ruby 2.1.5

passenger 4.0.53

機能調整

スマートフォンでデフォルトサイズの画像を表示

複製更新記事の添付ファイルを差し替えても内容が変わらない不具合を修正

FAQ検索結果画面でページネーションが発生した場合、エラーとなる不具合を修正

TinyMCEのバージョンアップ。IE11に対応

jQueryのバージョンアップ。IE9,10での表示不具合を解消

記事の新規作成で、承認メールが送信されない不具合を修正

書き出しスクリプトの不具合を修正

読み上げ不具合を修正

その他不具合を修正

バージョン 2.0.2 からの更新方法

※事前にバックアップを行ってから手順を進めてください。

※バージョン 2.0.2からバージョンアップを行ってください。

 

1. Ruby2.1.5インストール

# cd /usr/local/src
# wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-2.1.5.tar.gz
# tar zxvf ruby-2.1.5.tar.gz
# cd ruby-2.1.5
# ./configure
# make
# make install
# ruby -v

2. passengerインストール

# gem install passenger -v 4.0.53
# passenger-install-apache2-module

3. gemライブラリインストール

# gem install bundler -v 1.3.0

# cd /var/share/joruri
# bundle install

4. ライブラリファイルコピー

cp /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.9.1/i686-linux/MeCab.so /usr/local/lib/ruby/site_ruby/2.1.0/i686-linux/

5. apacheにpassenger設定

cp -arp /etc/httpd/conf.d/passenger.conf /etc/httpd/conf.d/passenger.conf.bak
vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

1,2行目をコメントアウトし、新しいパスを追加します。
---
#LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.19/ext/apache2/mod_passenger.so
#PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.19
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/passenger-4.0.53/buildout/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/passenger-4.0.53
---

6. apache再起動

# /sbin/service httpd restart

7. Joruriのバージョンアップ

以下のファイル、ディレクトリを最新のものに置き換えます。

ファイル差分についてはこちら

app
config/modules
config/samples
db
doc
lib
public/_common/js
COPYING

8. Rails を再起動します。

cd /var/share/joruri
touch tmp/restart.txt