開発方針

自治体サイトでは、掲載する情報の増加や即時性への要求、さらにはWebコンテンツの高齢者や障害者に対する配慮を定めたJIS規格への対応などの背景から、CMSを利用したサイト構築が普及しつつあります。

世界には各種のCMSが存在しますが、自治体ホームページの構築において、手軽に利用でき容易に改善が行えるCMSはほとんどありませんでした。

このような状況において、徳島県と株式会社アイ・ディ・エス(現サイトブリッジ株式会社)は、徳島県ホームページの再構築のため自治体サイト向けCMSとしてJoruriを共同開発しました。

Joruriは設計段階から単に徳島県ホームページを再構築するだけでなく、多くの自治体で汎用的に利用できるCMSとして機能や操作性の検討を積み重ねました。

2009年10月にJoruriでリニューアルした徳島県ホームページを公開し、その後すべてのソースコードをチェックし、2010年3月にオープンソース化しました。

Joruriは2010年3月に公開した後も精力的に開発を進め、現在はバージョン3を公開しています。

また、2011年5月には徳島県庁で運用されているグループウェアをJoruri Gw(ジョールリ・グループウェア)という名称でオープンソース・ソフトウェアとして公開いたしました。

その後、Joruri Plus+(SNS)、Joruri Video(ビデオ管理)、Joruri Maps(GIS)、Joruri DMS(災害時情報共有システム)を順次オープンソース・ソフトウェアとして公開し、現在に至ってます。

今後はこれらのアプリケーションを順次改善を行い、新世代のアプリケーションとしてリリースしていく予定です。

Joruriシリーズをよろしくお願いします。

2018年6月1日